源頼朝から学ぶ処世術|圧倒的な組織力と革命力

今回は鎌倉幕府を築き、武士中心の社会を作り上げた源頼朝(みなもとのよりとも)を取り上げます。

あらイケメン

頼朝は武士をまとめたカリスマだったんだ。

源頼朝(みなもとのよりとも)は、幼い頃に父親の源義朝(よしとも)が、ライバルの平清盛(たいらのきよもり)との戦いで敗れたことで、幼少期から「犯罪者の息子」として肩身の狭い人生を送っていました。

頼朝の父親義朝は平家によって処刑され、弟の源義経(よしつね)とも離れ離れにされてしまいます。

そんな不運な幼少期を送った頼朝は、決して平家への復讐を諦めませんでした。

大人になると、東日本の武士たちをまとめ上げ、当時権力を欲しいままにしていた平家から権力を奪い去り、日本で初めての幕府を築きます。

そのカリスマ的な組織力と革命力は、頼朝の死後も名だたる武将たちが憧れる存在として語り継がれています。

今回はそんな源頼朝から学べる処世術を紹介していきます。

“源頼朝から学ぶ処世術|圧倒的な組織力と革命力” の続きを読む

聖徳太子から学ぶ処世術|リーダーシップや巧みな組織力

今回は日本の国の基礎を作り上げた偉人、聖徳太子を取り上げます。

知ってる!

聖徳太子はとても優秀な政治家だったんだ。

今回は日本という国を知るうえで押さえておきたい聖徳太子から学ぶ処世術をご紹介します。

“聖徳太子から学ぶ処世術|リーダーシップや巧みな組織力” の続きを読む

卑弥呼から学ぶ処世術|巧みな自己プロデュース力

今回は日本史の教科書で1番最初に登場する人物、邪馬台国を納めた女性、卑弥呼を取り上げます。

でました卑弥呼!

日本の歴史で1番最初に登場する人が、女性っていうのもまたいいよね。

歴史の教科書にでてくるこの卑弥呼の肖像画をいまだに覚えている人も多いと思います。

それだけ卑弥呼ってなんだかインパクトありましたよね。

今回はこの卑弥呼から学ぶ処世術をご紹介します。

“卑弥呼から学ぶ処世術|巧みな自己プロデュース力” の続きを読む