坂本龍馬から学ぶ処世術|33歳で暗殺・短すぎる人生を駆け抜ける

今回は幕末の日本で活躍した坂本龍馬(さかもとりょうま)を取り上げます。

龍馬知ってる!夜明けぜよの人!

圧倒的な人気を誇る幕末の志士だね。

坂本龍馬は幕末の志士として、激動の日本の未来のために国内の有力者たちとわたり歩いた青年です。

わずか33歳の若さで暗殺されたことも相まって、日本では数々のドラマや小説で扱われその人気は不動の存在となりました。

今回はそんな坂本龍馬から学べる処世術を紹介していきます。

坂本龍馬のプロフィール

名前:坂本龍馬(さかもとりょうま)

生年月日: 1836年1月3日

生まれ: 土佐(とさ・今の高知県)

仕事:元土佐藩士・ビジネスマン

京都 大河ドラマ「龍馬伝」ゆかりの地 まとめ
2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」
2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の龍馬

きゃー♡イケメンに描かれてるんだねー!

まずは龍馬の生涯をサクッとみてみよう。

江戸幕府を倒そうと立ち上がった青年

1853年、ペリーの黒船が来航したことをきっかけに、日本は外国の脅威にどう対処すればいいのか大いに揺れ動いていました。

  • 開国なんてありえない!外国は武力で追い払うべきだ!という考え方
  • 開国して外国と仲良く!外国に武力で勝てるはずがない!という考え方
ペリーの黒船

力を失いつつあった当時の江戸幕府は、ペリー黒船からの大砲を受けて恐れおののいた結果、アメリカとの不平等な条約を結び開国することになります。

この江戸幕府の弱腰の行動をうけて国民たちは「このままではいけない」と立ち上がり、江戸幕府を倒せ!という「倒幕(とうばく)」の動きに流れていきます。

特にその倒幕の中心にいたのが、長州藩(ちょうしゅう・山口県)と、薩摩藩(さつま・鹿児島県)。この2つの勢力が江戸幕府を倒した後の権力をめぐって内乱を繰り返す激動の時代でした。

坂本龍馬もまた、土佐(とさ・今の高知県)で倒幕のために立ち上がったひとりでした。

大変な時代だったんだね…!

それまで閉じていた外交を無理やりこじ開けられて、突然外国の脅威にさらされた日本は大混乱だったんだ。

勝海舟との出会いで価値観が変わる

坂本龍馬と勝海舟

日本中が揺れ動く中、坂本龍馬もまた外国に対して弱腰な態度をとる幕府に対して腹を立てていました。

「戦になったら異国人の首を打ち取って戻ってきます」と姉に伝え、龍馬は故郷を捨てて、江戸(えど・今の東京)にいる江戸幕府の役人、勝海舟(かつかいしゅう)に会いに行きました。

勝海舟は当時の幕府で日本の軍隊を仕切っていた重要人物。一説に龍馬は勝海舟を殺しに行く覚悟だったといわれています。

外国の言いなりになる幕府も、黒船をやっつけないあなたの海軍も腰抜けじゃ!

今戦っても負けて植民地になるだけだ。
今の日本には外国と対等に戦える強い海軍が必要だ。違うかい?

そ、そうじゃが…

強い海軍を作るには金が要る。金をつくるには外国と貿易することが必要だ。一刻も早く開国して武器をたくさん手に入れねばいけない。

たしかに…

日本人同士でつまらん内紛なんかしてる場合じゃない。今こそ日本が一致団結して外国と貿易して稼がないといけない時なんだ。

か、勝海舟先生!ついていきます!

冷静に日本の在り方を見据えていた勝海舟は、ただやみくもに幕府を批判する龍馬を諭し、今こそ開国することで外国に対し強い日本にならなくてはならないと説得しました。

そんな勝海舟に心を打たれ、龍馬は弟子となることを決め、日本の国防を担う海軍と、その資金集めに翻弄するようになります。

幕府倒すはずが、幕府の役人の弟子になるの急展開w

勝海舟の出会いが龍馬の人生を大きく変えたんだ。

貿易会社を立ち上げ武器を仕入れる

龍馬が目を付けたのは、倒幕派の中心となっていた薩摩藩の西郷隆盛(さいごうたかもり)。

当時外国との貿易は幕府が取り仕切り、利益を独り占めしていたことを引き合いに出し、龍馬は西郷に対してこう提案します。

外国に対して強い国であるにはまず金がいる。
薩摩藩が船と金を出してくれれば、わしが代わりに貿易をして稼ぎ、売上を薩摩藩に渡すことができる。

龍馬の提案を受け入れた西郷隆盛の支援により、1865年龍馬は日本最初の貿易会社「亀山社中」を立ち上げ、外国から大量の武器を買い込みます。


その間も、倒幕過激派の長州藩と薩摩藩の間では内戦が絶えませんでした。

幕府とも戦争をすることで孤立してしまった長州藩の桂小五郎(かつらこごろう)のところにも龍馬は走っていき、こう提案します。

今幕府と内乱しても長州は負ける。倒幕のためには武器がいるじゃろ?わしの会社を通じて薩摩藩から武器を買うことができる。

一方、薩摩藩の西郷には

薩摩は米不足のようじゃのう。長州には米がたくさん余っているようじゃ。長州に武器を売る代わりに長州から米を買ってはどうじゃ?

それまで宿敵同士で戦が絶えなかった長州藩と薩摩藩を、互いに利益のある現実的な方法で引き合わせ、龍馬は1866年「薩長同盟(さっちょうどうめい)」成立を成功させました。

すごい交渉上手!

戦わずして新政府を立ち上げる

国内で戦争をしなくても、新政府を立ち上げる唯一の方法が、江戸幕府が政治を行う権利(大政)を、天皇に返す(奉還)「大政奉還(たいせいほうかん)」でした。

龍馬はこの、大政奉還によって新政府を立ち上げ外国との脅威に立ち向かおうとします。

龍馬が船の上で仲間たちと一緒に作り上げたこの国のあるべき方針「船中八策(せんちゅうはっさく)」は、後の明治政府が立ち上げる方針である「五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)」のもとになりました。

  • 江戸幕府は政権を朝廷に返すこと
  • 上下の議会を置き、すべて公論に基づいて政治を行うこと
  • 公卿・大名ほか世のすぐれた人材の中から顧問を選ぶこと
  • 新しく国家の基本になる法律(憲法)を定めること
  • 外国と新たに平等な条約を結び直すこと
  • 海軍の力を強めること
  • 親兵を設けて都を守ること
  • 金銀の比率や物の値段を外国と同じにするよう努めること

龍馬が定めたこの8つの方針の一つ目にある通り、この後幕府の役人と諸大名たちが裏で交渉を繰り返し、1867年に大政奉還が成立します。

しかしこの大政奉還の翌月、龍馬は仲間たちと共に何者かの手によって暗殺されてしまいます。わずか33歳の若さでした。

え…龍馬殺されちゃうんだ…

若くして殺されてしまったことも相まって、龍馬はヒーロー視されるようになったんだよ。

坂本龍馬から学ぶ処世術

幕末の激動の日本を支え、各地で翻弄した坂本龍馬。

龍馬が現代にいたっても人気が高いのは、彼から学べることがたくさんあるからかもしれません。

自分にない考えを取り入れる柔軟性

インタビュー, インドア, エレクトロニック

もともと武士と言えば、自分の考えに合わないものは切って捨てるという頑固考え方が当たり前でした。

しかし、龍馬は討ち果たそうとして訪ねた先の勝海舟に対して、相手の考え方の方が自分よりすぐれているとわかると、素直にこれまでの考え方を転換し受け入れる柔軟性を持っていました。

誰にだって「〇〇はこうあるべきだ」という思い込みやこだわりはありますが、一度冷静になって考えてみると他にもっといい方法があるかもしれない…ということに気づくことはあります。

ところがこれまでの自分の考えを変え、それを素直に受け入れるということはなかなかそう簡単にできることではありません。

ただ、ひとつの目的を達成するための手段は、いくつもあることもまた確かです。

使える!処世術

これまでの思い込みやこだわりを一度客観的に見てみましょう。
目的を達成するための他の方法も模索し、柔軟に受け入れるようにしてみましょう。

体裁や伝統よりも現実を重視

龍馬は国の未来のためにと各地のリーダーたちを訪ね、熱心に説得することをあきらめませんでした。

そんな大きな藩をまとめ上げる武士たちのプライドを理解しながらも、その武士としての伝統や部下に対する体裁よりも、現実的な未来を提案し続けたことに大きなポイントがあったと思います。

誰だって守り抜きたいものや貫きたい信条はあります。

龍馬はそれをわかりつつ、「もっとこうしたら勝てる」「こういう方法もある」と現実的な策を提案することで日本を動かすきっかけを作ることに成功します。

使える!処世術

これまでの伝統やしきたりに縛られることなく、目の前の現実に対処するためには何が一番いいかということを冷静に考えてみましょう。
そのためには、ライバルと手を組んだり、一度は負けてみたりなど、様々な手段があることを知っておきましょう。

坂本龍馬をもっと知ろう

その時 歴史が動いた」瞬間の日常風景 - はてな村定点観測所

2000年から2009年までNHKで放送されていたドキュメンタリー番組「その時歴史が動いた」は、歴史に関わった人物の人間ドラマを描くシリーズとして未だに繰り返し見られています。

坂本龍馬を取り上げた回「坂本龍馬 幕末の日本を動かす~薩長同盟成立の時~」は何度みても奮い立たされます。

この回は動画配信サービス「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」で配信されています。

「いだてん」や「龍馬伝」「直虎」などなど歴代の名作大河ドラマはもちろん、映画やアニメ、歴史ドキュメンタリー番組も充実しているので歴史好きの方にお勧めです。

「NHKオンデマンド」を31日間無料で試せるのはU-NEXT経由だけなので、まずは無料で試したいという人にぴったりです。

U-NEXTで今すぐ「その時歴史が動いた」を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

歴史好きにU-NEXTがおすすめな理由

(細かくてすみません♡知らない方が多いので熱い思いをぎゅっとしました↓)

動画配信サービス「U-NEXT」は「NHKオンデマンド」と提携しているため「麒麟がくる」はもちろん、過去の大河ドラマや歴史ドキュメンタリー作品を楽しめます。

・U-NEXTの見放題パック(31日間無料・翌月から月額1,990円)に加入すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

・その1,200円分のポイントを使ってU-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パック(月額990円)に加入できるので、NHK分は実質無料になります。

・私は「天地人」や「信長」など歴代の名作大河ドラマや、過去放送された「その時歴史が動いた」「映像の世紀」「100分de名著」「NHKスペシャル」シリーズなどの学べる番組を楽しんでます

・さらにU-NEXTではNHKコンテンツ以外の映画やドラマ、アニメが17万本以上見放題です。

・余ったポイント(毎月もらえる1,200円-NHKオンデマンド990円=毎月210円余る)は翌月以降に繰り越しできるのでU-NEXT内の電子書籍(歴史小説や歴史漫画)を購入して楽しんでいます。

・NHKオンデマンドは同時視聴NGですが、U-NEXT経由だと4人まで同時視聴OKなので家族や夫婦で楽しん見たい人にもおすすめです

▷ U-NEXTを31日間無料で体験してみる

ドラマで坂本龍馬をもっと知ろう

京都 大河ドラマ「龍馬伝」ゆかりの地 まとめ

福山雅治主演の大河ドラマ「龍馬伝(りょうまでん)」は幕末の風雲児・坂本龍馬を等身大のヒーローとして描いた快作として、未だに高い人気を誇っています。

特に第16話の勝海舟との出会いや、第26話からの西郷との人間ドラマが見ものです。

大河ドラマ「龍馬伝」は国内最大級の動画配信サービス「NHKオンデマンド」と「U-NEXT」で全話配信中です。

U-NEXTで今すぐ「龍馬伝」を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

鈴木亮平主演の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」は幕末の日本を西郷隆盛目線で描いた名作です。

第26話から小栗旬さん演じるイケメン龍馬が登場し、そこからの明治維新へ突っ走る展開は一見の価値有です。

大河ドラマ「西郷どん」もまた国内最大級の動画配信サービス「NHKオンデマンド」と「U-NEXT」で全話配信中です。

「いだてん」や「龍馬伝」「直虎」などなど歴代の名作大河ドラマはもちろん、過去の朝ドラや、歴史ドキュメンタリー番組も充実しているので歴史好きの方にお勧めです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-110.png
U-NEXTと提携しているNHKオンデマンド

「NHKオンデマンド」を31日間無料で試せるのはU-NEXT経由だけなので、まずは無料で試したいという人にぴったりです。

U-NEXTで今すぐ「西郷どん」を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

意外と知られてないU-NEXTでNHK作品を見るメリット

(細かくてすみません♡知らない方が多いので熱い思いをぎゅっとしました↓)

動画配信サービス「U-NEXT」は「NHKオンデマンド」と提携しているため「麒麟がくる」はもちろん、過去の大河ドラマや歴史ドキュメンタリー作品を楽しめます。

・U-NEXTの見放題パック(31日間無料・翌月から月額1,990円)に加入すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

・その1,200円分のポイントを使ってU-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パック(月額990円)に加入できるので、NHK分は実質無料になります。

・私は「天地人」や「信長」など歴代の名作大河ドラマや、過去放送された「英雄たちの選択」「その時歴史が動いた」「映像の世紀」「100分de名著」「歴史秘話ヒストリア」「NHKスペシャル」シリーズなどの学べる番組を楽しんでます

・さらにU-NEXTではNHKコンテンツ以外の映画やドラマ、アニメが17万本以上見放題です。

・余ったポイント(毎月もらえる1,200円-NHKオンデマンド990円=毎月210円余る)は翌月以降に繰り越しできるのでU-NEXT内の電子書籍(歴史小説や歴史漫画)を購入して楽しんでいます。

・NHKオンデマンドは同時視聴NGですが、U-NEXT経由だと4人まで同時視聴OKなので家族や夫婦で楽しんみたい人にもおすすめです

▷ U-NEXTを31日間無料で体験してみる

マンガで坂本龍馬を知ろう

この1冊で龍馬の全てがわかる! 迫力のあるマンガ、かっこいいイラスト、ためになる歴史資料も盛りだくさん。幕末の思想、重要人物・事件など、幕末から維新の知識も満載です! ! 龍馬暗殺の謎にもせまる大満足の1冊です。

amazonで詳しく見る


いかがでしたでしょうか?

偉人から学べることはまだまだたくさんあります。

ぜひ他の記事も参考にして明日から役立ててみてくださいね。

合わせて読みたい

プロフィール

asuka(30代)

twitter : @asuka@麒麟を待つおんな

超ライトな歴史好き(歴史勉強中)

歴史は大人になってからの方が面白いと気付いた元日本史アレルギーのアラサーOL

本ページの情報は2020年6月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。