豊臣秀吉から学ぶ処世術|猿だからできた出世力とは

ニッポンイチの成り上がりとして知られる豊臣秀吉(とよとみひでよし)。

あ!秀吉しってるー!

今回は秀吉の魅力にせまってみよう!

農民の低い身分から天下を手にするまでの成り上がりストーリーは人々に夢を与える存在として、広く愛される存在の武将です。

ニッポンイチの成り上がり

戦国イチの成り上がりで知られる豊臣秀吉(とよとみひでよし)。

農民の生まれから天下人へと上り詰めた秀吉から学ぶことは現代を生きる私たちでも学ぶところがたくさんあります。

豊臣秀吉は愛知県の農民の生まれながら、地元愛知県尾張地方を治める織田信長に遣える家来のひとりでした。

え!もともと農民だったんだ!すごいな

上司の信長からは「おいサル!」や「このハゲネズミ!」などと言われながらも他の部下たちにはない泥臭さや人当たりの良さ、命を懸けて信長に遣える忠誠心が認められ目まぐるしい早さで出世していきます。

本能寺の変後、信長の死後には朝廷(天皇)から天皇を補佐する関白(かんぱく)という役職を与えられ、さらに成り上がったことから”日本一の成り上がり”と語り継がれています。

豊臣秀吉に学ぶ成り上がり力

天下人とは程遠い底辺の身分から秀吉はどうやって日本を統一するまでのキングに成り上がったのか。

彼の残した格言や行動からその処世術を学んでみよう。

成り上がるにはまずボスに尽くすこと

People Shaking Hands

秀吉がまだ信長のぞうり持ち(今でいう社長のカバン持ち)だったころ、 寒い冬に信長のぞうりを懐に入れて温めたというのは有名な秀吉エピソードですね。

上司のためなら自分のことなど後回し。

そんな姿を信長に見せつけることで信頼を少しずつ勝ち取っていきました。

使える!処世術
自分を可愛がってくれる人、自分の上司には徹底的に忠実な部下になろう。
その人に頼まれたことはどんな時でも最優先に手を付けよう。

成り上がるには自己アピールすること

People in a Mashroom 6 Conference Room

どれだけ気遣い上手でも、底辺から成り上がるには相当強烈な自己アピールをしなければそもそもリーダーに注目してもらい、出世の鍵となるチャンスを得なければなりません。

いつも前に出ることがよい。そして戦のときでも先駆けるのだ。

秀吉の格言

秀吉はそんなチャンスを手にするために、自分の低い身分を顧みず、難しい戦の作戦を立てているときも「ぼくにはできる!やらせてください」と 意見を言いました。

信長からはいつも「ですぎじゃ!」と怒られ、皆から笑われからかわれても、いつか成り上がるという夢のために、場違いと思われながらも自己アピールをし続けたんです。

使える!処世術
どんな時でもアピールをしよう。
周りの人たちに嫌われることを気にしていてはほかの人と同じです。

成り上がるには相手を油断させること

Group of People Having Fun Together Under the Sun

敵をつくらないことも成り上がる過程では大切です。

平安時代、賢いことが認められ急速に出世したことが原因で、ライバルたちから妬まれて無実の罪を着せられ島流しにあった菅原道真(すがわらのみちざね)に学べるように、成り上がること=誰かの嫉妬はつきものです。

勇ましく人から恐れられるような人物は、優れた武将とは言えない。優れた武将とは、思いやりがあり人から慕われる人物だ。

敵を絶滅させる信長のやり方に対しての秀吉の言葉

秀吉はライバルにあたる信長のエリート部下たちに恨まれないように、自分のことを「サル」と言い、田舎者のバカを演じて見せました。

また貢物、宴会での接待を欠かさず、自分の夢を熱く語ることで敵をも味方につけてしまいました。

使える!処世術
スマートすぎると警戒されてしまうので「あいつはバカだから大丈夫」と思わせよう。
敵になりそうな人とはお酒を酌み交わし懐に入ろう。

いかがでしたでしょうか?

秀吉から学べることはまだまだたくさん。ぜひ参考にしてみてください。

「麒麟がくる」の秀吉に注目

大河ドラマ「麒麟がくる」の秀吉には佐々木蔵之介が抜擢されました。

ボロボロの服を着てわらじを売りながら、読み書きを勉強する若き秀吉が序盤から登場しており、これから大出世を遂げる秀吉にも注目です。

これまで放送された「麒麟がくる」は「NHKオンデマンド」と提携している動画配信サービス「U-NEXT」で全話配信されています。

公方様のあの切ない名シーン(第6話)や、涙なみだのあの神回(第17話)、高政/義龍のラストシーン(第19話)を今すぐスマホで見ることができます(私はエンドレスリピートしてます;)

「いだてん」や「龍馬伝」「直虎」などなど歴代の名作大河ドラマはもちろん、過去の朝ドラや、歴史ドキュメンタリー番組も充実しているので歴史好きの方にお勧めです。

U-NEXTと提携しているNHKオンデマンド

「NHKオンデマンド」を31日間無料で試せるのはU-NEXT経由だけなので、まずは無料で試したいという人にぴったりです。

▷ U-NEXTでこれまで放送された「麒麟がくる」を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

意外と知られてないU-NEXTでNHK作品を見るメリット

(細かくてすみません♡知らない方が多いので熱い思いをぎゅっとしました↓)

動画配信サービス「U-NEXT」は「NHKオンデマンド」と提携しているため「麒麟がくる」はもちろん、過去の大河ドラマや歴史ドキュメンタリー作品を楽しめます。

・U-NEXTの見放題パック(31日間無料・翌月から月額1,990円)に加入すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

・その1,200円分のポイントを使ってU-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パック(月額990円)に加入できるので、NHK分は実質無料になります。

・私は「天地人」や「信長」など歴代の名作大河ドラマや、過去放送された「その時歴史が動いた」「映像の世紀」「100分de名著」「歴史秘話ヒストリア」「NHKスペシャル」シリーズなどの学べる番組を楽しんでます

・さらにU-NEXTではNHKコンテンツ以外の映画やドラマ、アニメが17万本以上見放題です。

・余ったポイント(毎月もらえる1,200円-NHKオンデマンド990円=毎月210円余る)は翌月以降に繰り越しできるのでU-NEXT内の電子書籍(歴史小説や歴史漫画)を購入して楽しんでいます。

・NHKオンデマンドは他の誰かとの同時視聴はNGですが、U-NEXT経由だと4人まで同時視聴OKなので家族や夫婦で楽しみたい人にもおすすめです。

▷ U-NEXTを31日間無料で体験してみる

アニメ「鬼滅の刃」とか「キングダム」も見放題なのがいい。

歴代の大河ドラマやこれまでの「NHKスペシャル」なんかもあるから嬉しいね。ものすごい量で毎回何を見ようか迷う。

豊臣秀吉をもっと知ろう

その時 歴史が動いた」瞬間の日常風景 - はてな村定点観測所

2000年から2009年までNHKで放送されていたドキュメンタリー番組「その時歴史が動いた」は、歴史に関わった人物の人間ドラマを描くシリーズとして未だに繰り返し見られています。

秀吉の戦術を取り上げた回:

  • 「秀吉・家康 たった一度の直接対決~天下取りの知恵くらべ~」
  • 羽柴秀吉 なぞの敵前退却 ~賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦・勝利の秘策~

秀吉のこれまでのイメージを覆す神回です。

この回は動画配信サービス「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」で配信されています。

「いだてん」や「龍馬伝」「直虎」などなど歴代の名作大河ドラマはもちろん、映画やアニメ、歴史ドキュメンタリー番組も充実しているので歴史好きの方にお勧めです。

「NHKオンデマンド」を31日間無料で試せるのはU-NEXT経由だけなので、まずは無料で試したいという人にぴったりです。

U-NEXTで今すぐ「その時歴史が動いた」を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

歴史好きにU-NEXTがおすすめな理由

(細かくてすみません♡知らない方が多いので熱い思いをぎゅっとしました↓)

動画配信サービス「U-NEXT」は「NHKオンデマンド」と提携しているため「麒麟がくる」はもちろん、過去の大河ドラマや歴史ドキュメンタリー作品を楽しめます。

・U-NEXTの見放題パック(31日間無料・翌月から月額1,990円)に加入すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

・その1,200円分のポイントを使ってU-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パック(月額990円)に加入できるので、NHK分は実質無料になります。

・私は「天地人」や「信長」など歴代の名作大河ドラマや、過去放送された「その時歴史が動いた」「映像の世紀」「100分de名著」「NHKスペシャル」シリーズなどの学べる番組を楽しんでます

・さらにU-NEXTではNHKコンテンツ以外の映画やドラマ、アニメが17万本以上見放題です。

・余ったポイント(毎月もらえる1,200円-NHKオンデマンド990円=毎月210円余る)は翌月以降に繰り越しできるのでU-NEXT内の電子書籍(歴史小説や歴史漫画)を購入して楽しんでいます。

・NHKオンデマンドは同時視聴NGですが、U-NEXT経由だと4人まで同時視聴OKなので家族や夫婦で楽しん見たい人にもおすすめです

▷ U-NEXTを31日間無料で体験してみる

映画「清須会議」の秀吉が話題

信長の部下明智光秀が謀反を起こしたといわれる「本能寺の変」で暗殺された信長。

信長亡き後、信長の部下たちが一同に清州城に集まり、次のリーダーを誰にするかという会議が開かれました(清須会議と言われています)。

そんな会議の様子を描いた三谷幸喜監督映画「清須会議」は秀吉の頭の良さと魅力的な性格がとても愉快に表現されています。

映画「清州会議」もU-NEXTで配信中ですので、ぜひご覧ください。

▷ U-NEXTで三谷幸喜監督作品「清須会議」を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

合わせて読みたい

このブログの著者

asuka(30代)

twitter : @麒麟を待つおんな

週末はNHKの歴史特番を見て過ごしています。

一部上場企業勤務のOLです。

本ページの情報は2020年6月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。