石田三成から学ぶ処世術|秀吉の右腕として最後まで尽くした部下

天下分け目の関ヶ原で西軍の総大将として東軍徳川家康(とくがわいえやす)軍に敗れたことで知られる石田三成(いしだみつなり)。

へ―知らないこの人。

石田三成はあの豊臣秀吉(とよとみひでよし)の右腕と言われた人なんだ。

歴史は常に”勝者”の歴史と言われています。つまり、戦争で勝った人が好きなように歴史を書き換えられるということです。

石田三成は、1600年の「関ヶ原の戦い(せきがはらのたたかい)」で戦に負けたことが理由で、歴史的にも悪いように書き残されてしまい現代にいたるまであまり良い評判がない武将です。

今回はそんな石田三成から学べる処世術をご紹介します。

“石田三成から学ぶ処世術|秀吉の右腕として最後まで尽くした部下” の続きを読む

豊臣秀吉から学ぶ処世術|猿だからできた出世力とは

ニッポンイチの成り上がりとして知られる豊臣秀吉(とよとみひでよし)。

あ!秀吉しってるー!

今回は秀吉の魅力にせまってみよう!

農民の低い身分から天下を手にするまでの成り上がりストーリーは人々に夢を与える存在として、広く愛される存在の武将です。

“豊臣秀吉から学ぶ処世術|猿だからできた出世力とは” の続きを読む