斎藤道三から学ぶ出世力

 

どうさん?だれこの怖そうな人?

 
 

(そうか…知らないのか…)信長がお手本にした武将としても知られているんだよ。

 

今回は戦国武将のひとり斎藤道三をご紹介します。

大河ドラマ「麒麟が来る」でも序盤に登場する斎藤道三。

道三は若き織田信長に影響を与えた武将としてもしられていて、道三を見れば自然と信長の生き方も見えてくるという面白さがあります。

斎藤道三は典型的な"下剋上武将"

https://www.nhk.or.jp/kirin/

下剋上といえば、田舎のかばん持ちから総理大臣の座にまで上り詰めた豊臣秀吉の印象が強いですよね。

でも実は「下剋上といえば斎藤道三」といわれるほど、道三は己の人生を逆転させたことで有名な武将なんです。

 

この下剋上の方法がかなり残酷だったからこそ、同じく残酷な信長に影響をあたえたといわれるんだね。

 

斎藤道三は元セールスマン

道三はもともと油を扱う名もない商人(セールスマン)でした。

そのセールスの腕が認められ、美濃(岐阜県)を納める土岐氏(社長)の下に仕える守護(役員)にスカウトされ(株式会社美濃に入社し)守護の長井氏の下で働きます。

しかし、彼には「いつかはこの美濃(会社)を乗っ取りたい」という明確な野望がありました。

斎藤道三は陰謀と暗殺で大名になった

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 9d347802501f1ea16decfd6b3ae7b085_s.jpg です

そのため、長井氏(役員クラス)に言いがかりをつけて殺害した後、斎藤家(副社長クラス)を乗っ取り、さらには土岐頼芸(社長)の身内を毒殺し、最終的に土岐氏を追い出してしまうんです。

斎藤道三は全く血のつながりもない斎藤家を滅ぼしたのち斎藤の名を名乗り、上司だった土岐氏をも滅ぼし、美濃という国を支配するまでになるのです。

 

…え?やばくないこの人

 
 

非情な武将として名を馳せた理由はこの強引な出世方法なんだ。

 

道三のここまでの残虐で非道徳的な下剋上のやり方は周りの人から恐れられ「美濃のマムシ」と呼ばれ 家臣や領民からも恐れられるようになりました。

斎藤道三は娘(濃姫)を織田信長に嫁がせた

https://www.nhk.or.jp/kirin/

斎藤道三が乗っ取った美濃は織田信長のお父さんが納める尾張(おわり:今の愛知県)の隣国(お隣)だったため、斎藤家と織田家の間は常に領土争いでピリついていました。

一度斎藤家と織田家が戦った際、斎藤家が圧勝したことをきっかけに、武闘派の斎藤道三都の力を恐れて織田信長のお父さんは斎藤家と織田家を姻戚関係にしようとします。

 

敵と手を組むんだ!しかも家族になるなんて…!

 

そこで斎藤道三は娘の帰蝶(きちょう・濃姫)を織田信長の妻として嫁がせることになります。

斎藤道三は信長の才能に気づいていた

https://www.nhk.or.jp/kirin/

斎藤道三が織田信長に娘を嫁がせた頃、当時の信長には天下を狙う若き武将のオーラなど全然なかったといわれています。

信長の型にはまらない奇抜なファッションや、行儀の悪い態度などから「うつけ(やばいやつ)」と馬鹿にされていました。

「信長は織田家を継ぐものにはふさわしくない」そんな信長の噂はもちろん道三の耳にも届いていました。

そんな信長のお父さんが死去し、信長が織田家をつぐことになると、斎藤道三はいち早く信長との面会をセッティングします。

 

家族同士の面会と言っても、お互いに武装した兵をたくさん引き連れていくようなピリついた面会だったんだよ。

 
 

えー義理の親子なのに?こっわー!

 

「愚か者」という評判で油断していた道三は、信長に会って驚きます。

まず信長は道三の兵の何倍もの数で、また何倍もの武器を携えて行進をして待ち合わせ場所にやってきたからです。

そしてそこにいたのは噂に聞いていた姿とは全く違い、冷静に話をしながらも威厳と迫力を携えた立派な武将の信長でした。

武力も知恵もある信長を見て、道三は初めて「うつけを隠れ蓑にしていた(バカのふりをしていた)」信長の才能と知恵を感じたといわれています。

斎藤道三は織田信長の手本となる

斎藤道三は、尾張の国のいち武将にすぎなかった若き織田信長を史上最強の改革者に育て上げたともいわれています。

信長は父ではなく、斎藤道三から戦い方を学び、武器もや戦術を道三流を取り入れていきます。

名もなき商人から美濃の大名にまでのし上がった道三の計り知れない野望と、手段を択ばない残忍さが織田信長の価値観と似ているからでしょうか。

「天下獲りのためなら何をやってもいいんだ」と信長は道三を見て思ったのかもしれません。

 

うーわこの2人完全にダークサイドの人間じゃん。

 
 

そう、まさに道三がパルパティーンで、信長は悪に落ちたダースベイダーかもしれないね。

 

斎藤道三から学ぶ処世術

日本史では悪役として描かれる斎藤道三ですが、歴史に名を遺すだけあってやはり偉人であることは間違いありません。

出世争いという戦国の世を生き抜く私たちが彼から学べることをまとめてみましょう。

心は常に斎藤道三であれ

生まれも武家でない、ただの商人が大名に上り詰めるとはつまり、学閥も後ろ盾もない中卒のサラリーマンが、たたき上げで大企業の社長になるようなもの。

その手段は決して誇らしいことではありませんが、その野心は並大抵のものではなかったはずです。

使える!処世術
手段はさておき、大きな野望と強い野心は常に持ち続けよう。

昨日の敵は今日の家族

斎藤道三は宿敵である織田家に大事な娘を嫁がせることで、領土争いに歯止めをかけようとします。

昨日まで絶えず戦を続け貴重な領民(兵隊)が犠牲になったとしても、翌日には切り替えて家族関係になってしまうという、いたってドライで打算的な考え方はビジネスの世界でこそ見習うべき処世術です。

使える!処世術
昨日までのライバルや、別の派閥にいる人も、状況次第では手を組む必要が来るかもしれません。 感情で動かずに、常に「利益」を意識して行動しましょう。

「麒麟が来る」の道三にも注目

https://www.nhk.or.jp/kirin/

2020年の大河ドラマ「麒麟が来る」では序盤に登場する斎藤道三。

彼のキャラクターは果たしてどのように描かれるのでしょうか、目が離せませんね。

タイトル「麒麟が来る」に込められた思いを深堀した記事がこちら↓

斎藤道三にもっと学ぼう

今から約50年前の1973年に放送されたNHKの大河ドラマ「国盗り物語」では、今回ご紹介した斎藤道三が主役です。

誰もが天下盗りを夢見た戦国時代。 一介の浪人から身を起こした斉藤道三の野望の結末は…。

 

合わせて読みたい