石田三成から学ぶ構想力

偉人と崇められる人は私達と何が違うんでしょうか?
深堀りしてみると学べることはたくさん。
このブログではそんな 偉人たちから学ぶ処世術をご紹介します。  

天下分け目の関ヶ原で西軍の総大将として東軍徳川家康(とくがわいえやす)軍に敗れたことで知られる 石田三成(いしだみつなり)。 

今回は秀吉の右腕、石田三成!

うーん、超地味な印象しかないなぁ

歴史とは常に ”勝者”の歴史と言われていることもあり、関ヶ原で負けたことが理由で  石田三成は後世にわたってよい評判がない  可愛そうな武将です。

今日はそんな 石田三成の成功と失敗から学びたいと思います。 

そう、三成からは学ぶことがたくさんあるんだ。

石田三成のスゴイところ

White Petaled Flowers

頭がいいだけで戦では弱い、おまけに人望がなくて最後は裏切られて無念の死を遂げる、、、名だたる武将の影で 石田三成はそんなネガティブなイメージがつけられがちです。 

一方で石田三成は とても優秀な人としても知られています。 

石田三成がいたからこそ「太閤検地」や「刀狩り」など豊臣秀吉の政治は支えられていたといっても過言ではありません。

三成ってすごいじゃん!

秀吉が認めた三成の才能

織田信長同様、部下は身分ではなく「実力主義」の秀吉

人たらしと言われる豊臣秀吉に気に入られ最後まで そばに置かれたのが石田三成でした。 

当時は 戦で勝利を収めることが出世の条件  だったのにもかかわらず、 戦が苦手  で 武功を上げることができなかった三成を 秀吉はなぜ評価し続けたんでしょうか。 

合わせて読みたい:豊臣秀吉に学ぶ成り上がり力

三成は戦は苦手でも、 頭がよかった  と言われています。

 細かい計算やシステム作りが得意  だったことを秀吉に買われ、 太閤検地など全国的な統治システムを作り上げました。 

また、それまで土地によってバラバラだったモノの単位を統一し日本の商業を円滑にすすめさせたのも三成の功績です。

戦がすべての戦国時代に、頭脳でのし上がった人だったんだね。

褒美を断ってまで国に尽くした

「小判 フリー素材」の画像検索結果

そんな優秀な部下三成に対して、秀吉は 「でかしたぞ、土地をやろう」  といって九州の土地をくれようとしますが、 三成はまさかのお断りしちゃうんです。 

当時は 任された土地の広さこそが武士の権力に直結  するのにもかかわらず、三成は「僕が幕府からいなくなれば国を整備する人がいなくなってしまうから」と、所領よりも国の整備を優先してしまうほど、 誠実に日本の未来を考えていた人だったんです。 

もー、ちゃっかりもらっとけばよかったのにー!

あの徳川家康が恐れた三成の知恵

徳川家康にとっては織田信長のぞうりもちからいきなり出世してきた成り上がりの 豊臣秀吉は目の上のたんこぶのような存在  でした。

ただそれ以上に家康が恐れたと言われていたのが、その秀吉の家臣で 頭の良い石田三成の存在でした。 

豊臣秀吉の死後 「俺のターン!」と言わんばかりに  我が物顔で政治の権力を欲しいものにしていた家康  に対し、石田三成は「このままでは大切に守ってきた豊臣政権が奪われてしまう…!」という危機感をもとに、家康から豊臣秀頼(豊臣秀吉の子ども)を守るという大義名分によって、家康に不満を抱く各地の大名たちに手紙を送り、 「秀吉さんの恩義を今返すときです」と多くの兵を味方に付けることに成功しました。 

それにビビった家康も同じように必死に裏で動き、諸大名たちと密約を交わしました。 「三成の味方にならなければ、あの土地あげるよ」  と利益をちらつかせることでたくさんの武将を味方につけてしまったのです。

結果はみなさんもご存じのとおり、三成の応援に来てくれるはずだった毛利軍が家康と密約を交わしていたため、応戦してくれず、 三成率いる西軍はあっという間に総崩れとなりました。 

人の心、測りがたし。

豊臣家のために一緒に戦おうと言ってくれた人たちに次々と裏切られ、 豊臣家への忠誠よりも現実的な利に走る人のもろさを嘆いて  三成が漏らした言葉です。

石田三成に学ぶ構想力

Person Using Laptop Computer on Brown Wooden Table

三成は 戦のない太平の世  にするために、秀吉天下統一の後必死になって 国をまとめる仕組みづくりに力を注ぎました。 

大阪の陣でも、関ヶ原の戦いでも、 権力が欲しかったのではなく  ただ 「豊臣家を守るために」  必死になって最後まで戦った家臣でした。

どれもこれも、すべてはただまっすぐに、 日本の未来を構想していたからこそ。 

ただ、褒美を断ってしまうほどの三成には、 利益のためなら人をも裏切る諸大名たちの気持ちは到底理解できず  、そういった「人の心」を測ることに関してまでは読むことができなかった。

 まっすぐさがあだになった。 

それが敗戦の原因と言われています。

人情だけではうまくはいかない

Eight Person Huddling

石田三成の失敗からもたくさん学ぶことがあります。

武士の世界はbackground義理人情を重んじる文化がありますが、このころからもう権力者間の裏切りが定番になってきますね。[/su_highlight]

background関ヶ原の戦いが歴史に残る戦い[/su_highlight] なのは、日本中の大名軍が戦ったこともありますが、数として有利だった三成の軍が負けてしまったという逆転劇と、backgroundそれが裏切りにまみれた戦いだったということが言えると思います。[/su_highlight]

人を信じることは大切ですが、信じ「きる」ことは利口とは言えないbackground[/su_highlight] ことが石田三成の失敗から学べます。

使える!処世術
大切なのは、信じられる仲間をつくることですね。
でもここぞという正念場ではその仲間たちを100%信頼してはいけません。
突然会社を辞める人もいれば、陰であなたの不平不満を言ってる人もいることを意識しておきましょう。

秀才ぶりは隠しておく

Man Laughing Beside Computer Monitor
 平安時代の菅原道真(すがわらのみちざね)  からも学べますが、やはり「秀才」タイプでものごとをハッキリ指摘してしまう人は鼻につくため、上司に気に入られたとしても、その後ろ盾がなくなってしまえば たちまち仲間に足を引っ張られてしまいます。 

能ある鷹は爪を隠す

とはよくできた言葉で。

ただ誠実に国の未来を考えていたとしても、その頭の良さやコミュニケーション下手な性格から、「あいつなんかムカつくんだよな」「頭がいいからなんか企んでそうなんだよな」と 自然と敵を作ってしまい、仲間から裏切られてしまいます。 

使える!処世術
たとえ優秀だとしても、その一面をみせるのはあなたを評価する上司の前だけにしておきましょう。
仲間や先輩の前ではあくまでも何も知らないバカを演じていた方が足を引っ張られることはありません。

いかがでしたでしょうか?

三成から学べることはまだまだたくさん。ぜひ参考にしてみてください。

なんだかかわいそうな人だなぁ

どれだけの秀才でも世の中が受け入れなければつらい運命をたどることになる。
これっていつの時代も変わらないきがするよ。

石田三成からもっと学ぼう

主家滅亡の危機!!「義」に生きた武将石田治部少輔三成は、家康を打倒するため立ちあがった。成功するかにみえた緻密周到な作戦は、なぜ、破綻したのか―。

合わせて読みたい

豊臣秀吉から学ぶ成り上がり力

関連画像
今日はこの人から学びます

偉人と崇められる人は私達と何が違うんでしょうか?
深堀りしてみると学べることはたくさん。
このブログではそんな 偉人たちから学ぶ処世術をご紹介します。  

豊臣秀吉のすごいところ

 戦国イチの成り上がり  で知られる豊臣秀吉(とよとみひでよし)。

農民の生まれから天下人へと上り詰めた秀吉から学ぶことは現代を生きる私たちでも 学ぶところがたくさんあります。 

今日は豊臣秀吉だ!楽しいぞー!

でた!おさるさん!

ニッポンイチの成り上がり

Silhouette of Man Raising His Hands

秀吉は愛知県の農民の生まれながら、同じく愛知県尾張地方を治める織田信長に遣える 家来のひとりでした。 

上司の信長からは 「サル」や「ハゲネズミ」  等と言われながらも他の部下たちにはない泥臭さや人当たりの良さ、命を懸けて信長に遣える忠誠心が認められ 目まぐるしい早さで出世していきます。 

信長の死後には朝廷(天皇)から天皇を補佐する関白(かんぱく)になり上がったことから、 ”日本一の成り上がり”と語り継がれています。 

大阪城は秀吉が建てた

Close Up Photography of Cherry Blossom Tree

信長の死後、天下統一を進めた秀吉は大阪に城を建設します。

  それが今にも残る「大阪城」。  その大きさは今の姿の何倍もあったと言われていて、当時では城下町の規模も含めて   世界一の規模だったようです。 

刀狩令を出したのも秀吉

「刀 画像 素材 フリー」の画像検索結果

戦国時代は下剋上の時代。秀吉は農民から成り上がり天下を統一したことから、自分と同じように農民たちが力を付けないために   刀を取り上げたことでも知られています。  

そんな秀吉は   どうやって成り上がったんでしょうか?  

豊臣秀吉に学ぶ成り上がり力

天下人とは程遠い底辺の身分から秀吉はどうやって日本を統一するまでのキングに成り上がったのか。

  彼の残した格言や行動からその処世術を学んでみよう。  

成り上がるにはまずボスに尽くすこと

People Shaking Hands

秀吉がまだ信長のぞうり持ち(今でいう社長のカバン持ち)だったころ、   寒い冬に信長のぞうりを懐に入れて温めた   というのは有名な秀吉エピソードですね。

  上司のためなら自分のことなど後回し。  

そんな姿を信長に見せつけることで信頼を少しずつ勝ち取っていきました。

使える!処世術
自分を可愛がってくれる人、自分の上司には徹底的に忠実な部下になろう。
その人に頼まれたことはどんな時でも最優先に手を付けよう。

成り上がるには自己アピールすること

People in a Mashroom 6 Conference Room

どれだけ気遣い上手でも、底辺から成り上がるには相当強烈な自己アピールをしなければそもそもリーダーに注目してもらい、 出世の鍵となるチャンスを得なければなりません。 

いつも前に出ることがよい。そして戦のときでも先駆けるのだ。

秀吉の格言

秀吉はそんなチャンスを手にするために、自分の低い身分を顧みず、難しい戦の作戦を立てているときも 「ぼくにはできる!やらせてください」と 意見を言いました。  

信長からはいつも「ですぎじゃ!」と怒られ、皆から笑われからかわれても、いつか成り上がるという夢のために、 場違いと思われながらも自己アピールをし続けたんです。 

使える!処世術
どんな時でもアピールをしよう。
周りの人たちに嫌われることを気にしていてはほかの人と同じです。

成り上がるには相手を油断させること

Group of People Having Fun Together Under the Sun

 敵をつくらないこと  も成り上がる過程では大切です。

平安時代、賢いことが認められ急速に出世したことが原因で、ライバルたちから妬まれて無実の罪を着せられ島流しにあった菅原道真(すがわらのみちざね)に学べるように、 成り上がること=誰かの嫉妬はつきものです。 

勇ましく人から恐れられるような人物は、優れた武将とは言えない。優れた武将とは、思いやりがあり人から慕われる人物だ。

敵を絶滅させる信長のやり方に対しての秀吉の言葉

秀吉はライバルにあたる信長のエリート部下たちに恨まれないように、 自分のことを「サル」と言い、田舎者のバカを演じて見せました。 

また貢物、宴会での接待を欠かさず、自分の夢を熱く語ることで敵をも味方につけてしまいました。

使える!処世術
スマートすぎると警戒されてしまうので「あいつはバカだから大丈夫」と思わせよう。
敵になりそうな人とはお酒を酌み交わし懐に入ろう。

いかがでしたでしょうか?

秀吉から学べることはまだまだたくさん。ぜひ参考にしてみてください。

豊臣秀吉からもっと学ぼう

織田信長の上洛から二〇年、豊臣秀吉により天下は統一された。集権化や実力主義を推進した信長と秀吉の政策はまさに「革命」であり、他の戦国武将と一線を画していたのである。本書はさらに、足利と織田、そして織田と豊臣の各政権が併存したことを指摘しつつ、軍事革命にともなうスペイン・ポルトガルの東アジア進出といった世界史的視野からも戦国日本を捉え直す。旧来のイメージを大胆に覆し、「革命」の本質に迫る。

Amazonより

合わせて読みたい