源頼朝から学ぶ処世術|武力だけじゃない圧倒的な組織力と革命力

今回は鎌倉幕府を築き公家(くげ・貴族)の社会から、武士中心の社会を作り上げた源頼朝(みなもとのよりとも)を取り上げます。

あらイケメン

頼朝は武士をまとめたカリスマだったんだ。

父親が戦争で敗れたことで犯罪者の息子として故郷から追い出され監視される日々を送った頼朝。

そんな落ちぶれた頼朝が各地の武士たちをまとめ上げ、朝廷から権力を奪い去るまでの快進撃もあって、頼朝はのその後も名だたる武将たちも憧れるカリスマとして語り継がれています。

今回はそんな源頼朝から学べる処世術を紹介していきます。

源頼朝のプロフィール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-50.png

名前:源頼朝(みなもとのよりとも)

生年月日: 1147年5月9日

生まれ: 尾張(おわり・今の愛知県)

仕事:鎌倉幕府の将軍・政治家

まずは源頼朝の功績をサクッとみてみよう。

源頼朝は鎌倉幕府を築いた男

「鶴岡八幡宮」の画像検索結果

源頼朝は「良い国つくろう」(って覚えましたね)の鎌倉幕府最初のボスです。

(後に1185年だったと教科書がかえられてしまいました)朝廷(天皇)から征夷大将軍に任じられ鎌倉幕府を開き、それまでのセレブな貴族中心ではなく、武士中心の武家政治を始めたんです。

そしてその後息の長い幕府体制を作り上げたまさに偉人。

そもそもどうして「幕府」をつくったの?

当時、平安時代は貴族たち中心の世の中でした。

頼朝のような武士たちは、貴族たちのボディーガードや戦に駆り出される兵隊としてその地位を確立していましたが、人を切るなんて仕事は今も昔も「汚れ仕事」。

武士たちは政治にかかわることはおろか、貴族から対等に扱ってもらえていませんでした。

言われるがままに戦場に行っては命がけで戦う日々、武力も技もあるのにずっと下っ端のまま…そんなことに不満を抱く武士たちはたくさんいました。

武士として育った頼朝はそんな武士たちを「武士中心の世の中にしようではないか!」と鼓舞してともに戦い、勝利して武士中心に政治が行えるように幕府を築いたんです。

源頼朝から学ぶ処世術

頼朝の時代、頼朝のように武芸に優れた武士たちは各地にたくさんいました。

それなのになぜ頼朝がリーダーに上り詰め、また各地の強い武士たちをとりまとめることができたのでしょうか?

今回はそんな源頼朝から学ぶ処世術をご紹介していきます。

ハッタリで突き進んだ

頼朝は、源氏の御曹司として生まれた恵まれた子どもでしたが、お父さんが平家に負けた後は伊豆に流罪になり、一緒に戦う兵も40人ほどに落ちぶれてしまいました。

すこしでも動けばすぐに平家が命を狙いにくるいわば指名手配犯のような扱いを受けていました。

自分と一緒に戦う仲間がほとんどいなかった頼朝は、関東から朝廷のある京都へ向かう道中、”ある方法で”どんどんと仲間を増やしたんです。

頼朝は平家に不満を抱いている豪族たちに手紙を送り、声高らかに「この戦いに勝てば”関東の土地はすべて頼朝に任せる”と天皇に近い人から言われている」 という令旨(命令書)を見せつけたんです。

当時平家に土地の権利を脅かされていた各地の豪族たちは「それならば!」と一気に戦いに協力しました。

・・・でもこれは頼朝の嘘。

リスクが大きい戦で味方してくれる人たちがいないことを知っていた頼朝の苦し紛れの戦略がハッタリだったということです。

でもその嘘がたくさんの人たちを動かし、最初は40人だった見方もみるみるうちに20万人に膨れ上がり、最終的には壇ノ浦の戦い(山口県)で平家を倒すことに成功するんです。

使える!処世術
権力者のお墨付きとあらば周りの人たちの見方が一気に変わるんですね。
嘘はリスクが大きいですが、いざという時は「取締役もこの案ほめてくださいました」というハッタリをかまして仲間を集めましょう。

強力な組織で大勢をまとめ上げた

アダルト, インタラクション, インドア

平家との闘いに勝利した頼朝は、鎌倉に戻ると真っ先に関東の土地を各地の武士たちに分け与え、関東の治安が乱れないように整理しました。

もともと源頼朝が力を付けることができた大きな背景のひとつに、関東の武士たちが源氏に対する信頼を持っていたことが挙げられます。

頼朝の先祖たちは、戦で勝利をおさめるたびに何度か朝廷から褒美をもらっていました。

しかし、その褒美を決して一族で独り占めせずに、ともに戦った武士たちをたたえるために分け与えていたという歴史があり、そうしたことが源氏に対する信頼を強くすることとなるのです。

そういった教えをしっかりと受け継いだ頼朝は、功績をあげた武士たちにはそれ相応の見返りを保証してあげることで、鎌倉幕府としてまとめ上げることができました。

使える!処世術

個性的で強力なメンバーたちを一つに束ねるには、ひとりひとりを大切に扱うことが大切ですね。

現場のプライドを理解していた

インドア, グラフ, グループ

父親の源頼政が平家に敗れたのち、頼朝は実に20年間も伊豆に追いやられていました。

武士の息子としてたくましく育った頼朝は、その伊豆で暮らす間に関東の強力な武士たちとともに過ごし、武士がこれまで受けてきた仕打ちや武士たちのもつ誇りをきちんと理解していました。

一方、頼朝とは違い京都で育った弟、源義経(みなもとのよしつね)は、関東武士たちとは遠く離れた都で、平家のみやびで豪華な暮らしを見て育ちました。

そんな義経をリーダーに据えて戦った源平の戦いの後、功績を認められた義経は朝廷から高い身分を与えられることになります。

そんな義経は関東の武士たちからは嫉妬の対象となりました。

だからこそ頼朝は、朝廷にもてはやされる弟を決してエコひいきすることはありませんでした。

頼朝が弟だからという理由でひいきしてしまうと現場の武士たちの反感を買ってしまうことがわかっていたからです。

使える!処世術

現場の気持ちをしっかりと理解し、建て前をきちんと示すことで部下たちの信頼を勝ち取ることができるかもしれません。

全く新しいシステムを作った

アイディア, エネルギー, ガラス

鎌倉時代よりも前の日本は、藤原家や平家がそうしたように、自分の娘を貴族と結婚させ天皇家との血縁関係を結ぶことで出世し、都合の良い政治をすることで成り立っていました。

源頼朝か築いた鎌倉幕府は、これまでに類を見ない、とても画期的なシステムでした。

世界史を見てもわかるように、革命が起こり旧体制から武力で権力を奪ったのちは、旧体制のリーダーを引きずり下ろし、それに代わって新しいリーダーが国をまとめますよね。

源頼朝は源平の戦いで勝利したため、頼朝は朝廷(天皇)を引きずり降ろして、国のトップに就くことが可能でした。

しかし、頼朝はそれまでの旧リーダー(天皇)の立場は守りながらも、天皇に変わって武士が政治を行う、幕府という新しいシステムを作り上げるのです。

これは、天皇がいながらも内閣が政治を行う、という現代にも受け継がれているシステムです

使える!処世術

新しいシステムを生み出すことは容易ではありません。
ただ、前例にとらわれず、本当にこのままでいいのか?と一度立ち止まって考えてみる癖をつけるようにしましょう。

源頼朝をもっと知ろう

その時 歴史が動いた」瞬間の日常風景 - はてな村定点観測所

2000年から2009年までNHKで放送されていたドキュメンタリー番組「その時歴史が動いた」は、歴史に関わった人物の人間ドラマを描くシリーズとして未だに繰り返し見られています。

頼朝を取り上げた回「弟・義経を討て ~源 頼朝・武家政権確立への決断~」は何度みても涙してしまう神回。

この回は動画配信サービス「NHKオンデマンド」や「U-NEXT」で配信されています。

「いだてん」や「龍馬伝」「直虎」などなど歴代の名作大河ドラマはもちろん、映画やアニメ、歴史ドキュメンタリー番組も充実しているので歴史好きの方にお勧めです。

「NHKオンデマンド」を31日間無料で試せるのはU-NEXT経由だけなので、まずは無料で試したいという人にぴったりです。

U-NEXTで今すぐ「その時歴史が動いた」を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

歴史好きにU-NEXTがおすすめな理由

(細かくてすみません♡知らない方が多いので熱い思いをぎゅっとしました↓)

動画配信サービス「U-NEXT」は「NHKオンデマンド」と提携しているため「麒麟がくる」はもちろん、過去の大河ドラマや歴史ドキュメンタリー作品を楽しめます。

・U-NEXTの見放題パック(31日間無料・翌月から月額1,990円)に加入すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

・その1,200円分のポイントを使ってU-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パック(月額990円)に加入できるので、NHK分は実質無料になります。

・私は「天地人」や「信長」など歴代の名作大河ドラマや、過去放送された「その時歴史が動いた」「映像の世紀」「100分de名著」「NHKスペシャル」シリーズなどの学べる番組を楽しんでます

・さらにU-NEXTではNHKコンテンツ以外の映画やドラマ、アニメが17万本以上見放題です。

・余ったポイント(毎月もらえる1,200円-NHKオンデマンド990円=毎月210円余る)は翌月以降に繰り越しできるのでU-NEXT内の電子書籍(歴史小説や歴史漫画)を購入して楽しんでいます。

・NHKオンデマンドは同時視聴NGですが、U-NEXT経由だと4人まで同時視聴OKなので家族や夫婦で楽しん見たい人にもおすすめです

▷ U-NEXTを31日間無料で体験してみる

過去の大河ドラマで頼朝を知ろう

NHKオンデマンド「草燃える」より

1979年に放送されたNHK大河ドラマ「草燃える」は、武家政権を立ち上げた源家をドラマチックに描いています。

「草燃える」は総集編は動画配信サービス「NHKオンデマンド」と「U-NEXT」で配信されています。

「いだてん」や「龍馬伝」「直虎」などなど歴代の名作大河ドラマはもちろん、過去の朝ドラや、歴史ドキュメンタリー番組も充実しているので歴史好きの方にお勧めです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-110.png
U-NEXTと提携しているNHKオンデマンド

「NHKオンデマンド」を31日間無料で試せるのはU-NEXT経由だけなので、まずは無料で試したいという人にぴったりです。

▷ U-NEXTで今すぐ大河ドラマ「草燃える」総集編を見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

意外と知られてないU-NEXTでNHK作品を見るメリット

(細かくてすみません♡知らない方が多いので熱い思いをぎゅっとしました↓)

動画配信サービス「U-NEXT」は「NHKオンデマンド」と提携しているため「麒麟がくる」はもちろん、過去の大河ドラマや歴史ドキュメンタリー作品を楽しめます。

・U-NEXTの見放題パック(31日間無料・翌月から月額1,990円)に加入すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

・その1,200円分のポイントを使ってU-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パック(月額990円)に加入できるので、NHK分は実質無料になります。

・私は「天地人」や「信長」など歴代の名作大河ドラマや、過去放送された「英雄たちの選択」「その時歴史が動いた」「映像の世紀」「100分de名著」「歴史秘話ヒストリア」「NHKスペシャル」シリーズなどの学べる番組を楽しんでます

・さらにU-NEXTではNHKコンテンツ以外の映画やドラマ、アニメが17万本以上見放題です。

・余ったポイント(毎月もらえる1,200円-NHKオンデマンド990円=毎月210円余る)は翌月以降に繰り越しできるのでU-NEXT内の電子書籍(歴史小説や歴史漫画)を購入して楽しんでいます。

・NHKオンデマンドは同時視聴NGですが、U-NEXT経由だと4人まで同時視聴OKなので家族や夫婦で楽しんみたい人にもおすすめです

▷ U-NEXTを31日間無料で体験してみる

アニメで源頼朝を知ろう

ねこねこ日本史 第1シリーズ#9 「源頼朝、鎌倉に立つ!」に登場する頼朝

日本史に登場する偉人たちが、みーんなネコだったら…?というユニークな切り口で1話10分程度の短いストーリーで偉人の個性と、歴史的背景にスポットを当てて紹介していく「ねこねこ日本史」シリーズ。

お子さんからお年寄りまで誰にでもわかりやすく、気軽に学べるため最近ではNHKでもOAされています。

全シリーズは日本最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で配信中です。

▷ U-NEXTで「ねこねこ日本史」シリーズを見る

↑U-NEXTに移動します(31日間無料体験中に解約すれば料金はかかりません)

歴史好きがU-NEXTを選ぶ理由

(細かくてすみません♡知らない方が多いので熱い思いをぎゅっとしました↓)

動画配信サービス「U-NEXT」は「NHKオンデマンド」と提携しているため「麒麟がくる」はもちろん、過去の大河ドラマや歴史ドキュメンタリー作品を楽しめます。

・U-NEXTの見放題パック(31日間無料・翌月から月額1,990円)に加入すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

・その1,200円分のポイントを使ってU-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パック(月額990円)に加入できるので、NHK分は実質無料になります。

・私は「天地人」や「信長」など歴代の名作大河ドラマや、過去放送された「英雄たちの選択」「その時歴史が動いた」「映像の世紀」「100分de名著」「歴史秘話ヒストリア」「NHKスペシャル」シリーズなどの学べる番組を楽しんでます

・さらにU-NEXTではNHKコンテンツ以外の映画やドラマ、アニメが17万本以上見放題です。

・余ったポイント(毎月もらえる1,200円-NHKオンデマンド990円=毎月210円余る)は翌月以降に繰り越しできるのでU-NEXT内の電子書籍(歴史小説や歴史漫画)を購入して楽しんでいます。

・NHKオンデマンドは同時視聴NGですが、U-NEXT経由だと4人まで同時視聴OKなので家族や夫婦で楽しんみたい人にもおすすめです

▷ U-NEXTを31日間無料で体験してみる

合わせて読みたい

このブログの著者

asuka(30代)

twitter : @麒麟を待つおんな

週末はNHKの歴史特番を見て過ごしています。

一部上場企業勤務のOLです。