聖徳太子から学ぶ組織力

「聖徳太子」の画像検索結果
今日はこの人から学びます

偉人と崇められる人は私達と何が違うんでしょうか?
深堀りしてみると学べることはたくさん。
このブログではそんな偉人たちから学ぶ処世術をご紹介します。

聖徳太子の名前を知らない日本人はいないはず。

その顔はよく知ってる、、けど実際なにを成し遂げてこんなに有名になったんでしょうか?

聖徳太子は日本に仏教を広めた

Brown Buddha Figurine

今でこそ日本にはたくさんのお寺があって、仏教が日本の中で普及している時代ですが、実は聖徳太子の時代(600年頃)の日本では仏教はインド・中国・韓国から伝わってきた”外国の宗教”として嫌煙されてたんです。

日本はもともと神道の国だった

Pagoda in Gray Scale Shot

日本には「神道」という古くから伝わる宗教がありました。

太陽や自然を神様とする宗教です。(神社は神道の象徴ですね)

仏教は日本にとって新しい宗教だった

Brass Buddha Figurine on Black Surface

文明が発展している外国(中国や韓国)はみんな仏教を信仰していたので、そんな先進国のトレンドに乗っかろうとする有力者曽我(そが)氏と、古くからの神道を守ろうとする有力者物部(もののべ)氏が代々バトルしたことも有名ですね。

彼らは宗教が理由でずっと仲が悪かったんです。

聖徳太子はそんな曽我氏のそばで熱く仏教を信仰し、のちに「憲法」で仏教を国のオフィシャル宗教として仏教を採用することになります。

聖徳太子は遣隋使を送大国と交流した

Brown Sailing Boat on the Sea during Sunset

先進国にいち早く追いつこうと、聖徳太子は隋(中国)に使いをおくりました。

「遣隋使」として外国の政治や文化を学ぶために小野妹子を中国へ派遣させたことは有名ですね。

こういった海外留学制度が日本の文化や政治を発展させたことは言うまでもありません。

当時聖徳太子が小野妹子に持たせた中国の王に対する「手紙」のインパクトが強いことからその一節はいまでも有名です。

日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙なきや。
『日本書紀』

当時の隋はアジアの中で一番パワフルな強国で、そこに日本のような小国が手紙を送ったわけですが、その内容がまずかったことから隋を怒らせてしまったのです。

「太陽が昇る国日本から、太陽が沈む国隋へ手紙を送ります」とかなり失礼な内容だったからです。

ただこの挑発が功を奏して、中国は日本と対等に接するようになったんです。

聖徳太子は一流の制度を作った

Black and White Mountain over Yellow White and Blue Sky

 

摂政になり天皇から政治を任された聖徳太子は外国のように日本を一流の国にしようとたくさんの改革を行いました。

当時の日本はアジアの大国中国(当時の隋)から「野蛮な国」と言われてバカにされていました。

法もなければ役人の身分制度も整っていなかったからです。

聖徳太子の十七条憲法

「十七条憲法」の画像検索結果

聖徳太子の仕事で一番有名なのが「十七条憲法」ですね。

不思議なことに今読んでもグッとくる内容です。

聖徳太子の冠位十二階

 

また、聖徳太子はそれまで血筋や財産で決められていた役人の位を取り払い、能力だけで評価される「冠位十二階」も制定しました。

今回はそんな聖徳太子の数々の偉業を成功させた、彼の処世術をご紹介します。

聖徳太子から学ぶ組織力

Selective Focus Photography of Man Sitting Near Desk

 

聖徳太子は外国の文化や政治に興味をもち、当時日本より文化が発展していたインドや、中国、朝鮮の異文化を素直に受け入れました。

仏教という異国の宗教を熱く信仰し、民に広めることができたのも彼の底知れない好奇心と、自分の組織(国)を一流にしたいという強い気持ちがあったからです。

使える!処世術

どれだけ自分の人生が安定していても、常に現状に満足せずに、新しい考え方やアイデアを受け入れてみよう。
一流の企業や組織のやり方を学び、真似てみよう。

組織を強くするための制度作り

Three Women and Two Men Watching on Laptop Computer on Table

聖徳太子はまだ日本になかった憲法や階級制をつくり、人としての行動指針や、能力に応じた評価制度をもうけました。

多くの人を動かすには、ただカリスマ性があるだけでは足りません。

信じるもの(仏教)とルール(法律)を整えたからこそ、彼の名前はいまだに歴史に刻まれているのです。

使える!処世術

たくさんの人を引っ張っていくには、心をひとつにするための「ルール」をつくりましょう。

自分の組織に誇りを持つ

50 U.s. Dollar Banknote

聖徳太子は、当時の大国、隋(中国)にバカにされないように、平等に外交できるよう強気にでた手紙を出し、結果的にそれが功を奏しました。

聖徳太子には、自分の組織(国)を誇りに思い、相手のパワーに臆することなく、堂々と接する度胸がありました。

使える!処世術

例え相手が幹部でも、大企業でも弱腰にならず堂々としていましょう。
むやみに媚びるのではなく、堂々とした態度をとることで相手も対等にみてくれます。

いかがでしたでしょうか?

過去の偉人から学べることはまだまだたくさん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。